【両片思いの大人】関係の進展の方法と行動について

【両片思いの大人】関係の進展の方法と行動について恋愛

大人同士の恋愛では失敗をしたくないことや、周りの目を気にすることなどが影響してなかなか恋人関係まで発展しないケースも多いです。

 

その中でなってしまいがちなのは、両片思いです。

片思いではなく、両方が片思い、つまり両思いなんだけど関係は片思いのような状態が続いてしまうなんとももどかしい状況です。

 

この大人の恋愛でありがちな両片思いの関係の進展させる方法や行動を紹介します。

 

【両片思い 大人】両思いになる方法

告白イメージ

両片思いになってしまった場合、そこから両思いに発展させるにはどうすればいいでしょうか?

 

積極的にアプローチをする

両片思いになってしまったままその関係を放置しておけば、いずれどちらかが冷めて付き合わないで終わってしまう可能性も高いです。

 

その為、両片思いから関係を発展させて両思いにするには、積極的にアプローチをするのが最も効果的です。

もちろん、それができれば苦労しないという話だと思いますが、しかし何もしなければそれで終わってしまいます。

 

両片思いは、いわばお互いに相手がアプローチをしてくれるのを待っている状態とも言えます。

その状態のまま膠着しているならば、自分から動いてアプローチをするのがやはり得策です。

もちろん、関係性上それがなかなか難しいという場合も多いと思います。

 

その場合でも、難しいのでそのままにして発展しませんでしたで終わってもいいなら別ですが、両思いになって付き合いたいと思うのならば何かアプローチをするのがベストでしょう。

 

相手からのアプローチを待つ

両片思いから発展させるには、どちらかがアプローチをしないと話は進みません。

自分からアプローチをしなくても、相手がアプローチをしてくれれば話は進みます。

 

相手からのアプローチをただ待っているだけでは関係性が発展しないならば、敢えて少し距離を置いて相手の反応を見てみたりするのも1つの方法です。

 

常に一緒にいるとどうしても関係性がなあなあになりがちです。

少し離れることで相手の存在を再認識することもありますので、こういった駆け引きをしてみるのも1つの方法です。

 

告白する

最もシンプルかつ大胆な方法は、ずばりそのまま告白することです。

もちろん、仕事などで関係性があれば失敗した場合に気まずくなる、周りに知られるなどのリスクはあります。

 

しかし、両片思いであると思えば可能性としてはかなり高い確率で上手くいく告白です。

このまま両片思いを続けるのはやめたいと思えば、やはり告白をするというのが最もいい解決方法になるでしょう。

 

【両片思い 大人】行動

両片思いの大人がよくとる行動を紹介します。

 

目が合う回数がかなり多い

両片思いになると、つい相手を見てしまったり目で追ってしまうことが増えます。

視線を感じればそちらを見るのは人間の本能ですので、そうすると目が合う回数が多くなります。

もちろん、目が合うのは気がない人とでも起こりますので目があったら気があるという訳ではありません。

 

しかし、他の人と比べてやたらと目が合う回数が多いなと思う場合は両片思いになっている可能性が高いと言えそうです。

 

相手の話をよく覚えている

相手の話をしっかり覚えているのも、両片思いの大人がよくとる行動、特徴です。

 

1回話しただけの仕事の話や、プライベートの話などをしっかり覚えているのは興味がある裏返しでもあります。

ただ単に記憶力がいいだけの可能性もありますが、「よくそんなことまで覚えてますね」ということが多いのならば、両片思いになっているサインかもしれません。

 

周囲の人にはバレている

本人同士は隠しているつもりでも、接し方の違いなどで周りから見たら「この人達付き合ってるの?両想い?両片思い?」みたいなことは結構簡単にバレます。

 

これは誰かが言うからバレるというのではなく、周りから見たら明らかにそう見えるということでバレます。

 

人間、なかなか自分の思っていることや心情を隠し通すのは難しいことです。

特に職場での両片思いなどは、簡単にバレてしまうケースが多いようです。

 

両片思いから発展して付き合ったことを報告したら、「だと思いました」と言われることが多いようです。

 

【両片思い 大人】進展

両片思いの大人が関係を進展させる方法を紹介します。

 

二人で会う回数を増やす

両片思いの場合、周りに人がいるとなかなか関係性は発展しません。

両片思いで止まっている場合は、周りにバレたくないという思いや周りとの関係性を考えてなかなか関係性が発展しないケースが多いです。

 

その為、あまり周りに人がいる状態で関係が進展することはないです。

 

その為、2人で会う機会を作るというのは関係を進展させる上では大切です。

もちろん、2人で会おうとしたり2人で会っていたことが周りにバレるリスクはありますが、少なくとも周りに人がいる状態よりはリスクは下がります。

 

2人で食事に行くなど普通のカップルのような会い方は気が引ける場合は、仕事の相談など何かしら理由を付けてでもいいので2人で会うタイミングを作りましょう。

 

さりげなく好意を伝える

こちらか好意があるということを相手に知ってもらうことで、関係性が一気に進展する可能性があります。

 

あからさまに伝わるような感じで、会話の中で「いい彼氏(彼女)になりそうだよね」「彼氏(彼女)になれる人が羨ましい」くらいのことを言ってみるのも1つの方法です。

 

それでうざがられるようであれば脈なしかもしれませんが、両片思いの状態であれば悪い気はされませんし相手も嬉しいはずです。

 

告白する

関係が最も進展する方法は、もう告白をする以外はありません。

もちろん、リスクはありますし告白をして失敗したらもうその後は難しい状況になります。

 

しかし、関係を進展させるには最終的には告白をするか告白をされるしかありません。

もう告白をするとなったら回りくどいことは必要ありません。

 

2人で会って、遠回しな言い方ではなく直接告白しましょう。

 

どのような経緯を経ても、最終的には告白をするというのが最も関係を進展させる方法です。

 

【両片思い 大人】関係

両片思いの大人のもどかしい関係をどうやって発展させればいいのでしょうか?

 

相談をする

両片思いの場合は、ある程度話ができる状態のはずです。

その為、相談を持ち掛けるのも不自然なことではありません。

 

相談内容はなんでもよくて、2人で話しをする口実ができればなんでも大丈夫です。

 

とにかく二人で話す機会を作ることで、関係は発展しやすくなります。

 

好意を伝える

結局は両片思いから関係を発展されるには好意をどちらかが伝えるしかありません。

こちらから告白をしないにしても、もう告白をしているも同然のような感じで好意を伝えてしまうのも一つの方法です。

 

ただし、告白をためらう理由が何かあるのも事実だと思います。

職場やコミュニティの中での人間関係を変えてしまうのを恐れている場合は、なかなか告白には踏み切れません。

 

この場合はある程度トレードオフになります。リスクを冒してでも両片思いの関係から脱却したいのか、それとも穏便に職場やコミュニティの人間関係を保ちたいのか?

どちらを優先したいのかをしっかり考えてから行動しましょう。

 

特に人間関係に支障はきたさないが、振られるのが怖いという理由であれば積極的に告白をした方がのちのち後悔することは少ないでしょう。

 

【両片思い 大人】まとめ

大人の両片思いから関係を発展させる方法や行動について紹介しました。

 

両片思いのまま放置しておくと、徐々に上手くいかなくなる可能性は高まっていきますのでできれば早めに関係が発展するように行動に移すのがベターでしょう。

 

特に職場などその後の人間関係に影響が出そうな場合は慎重にならざるを得ない場面も多いと思いますが、可能な限り早く行動に移した方が恋愛としてはいいでしょう。

 

ただ、どうしても人間関係を複雑にしたくなければ諦めるのも1つの方法です。

 

その場合は新しい出会いを探して次に進んだ方がいいでしょう。

新しい出会いを探すにはマッチングアプリがおすすめです。

 

マッチングアプリのおすすめランキングはこちら。

【マッチングアプリ比較】20代・30代・40代に!婚活女性におすすめの無料アプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました