【彼氏ほしい高校生のアプリ】ひま部なら学生限定の出会いがある

【彼氏ほしい高校生のアプリ】ひま部なら学生限定の出会いがある恋愛

マッチングアプリは多くの人が利用していますが、高校生は利用できるのでしょうか?

利用できないならどんな方法で出会いがあるのでしょうか?

 

こちらでは、高校生が利用できるマッチングアプリとアプリ以外での出会い方を紹介します。

彼氏が欲しい高校生はぜひ参考にしてみてください!

 

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】おすすめと必見

彼氏が欲しい高校生にはどうやって出会えばいいのかという疑問があると思います。

 

高校生で付き合っている人の多くは学校や予備校、バイト先などで出会うことが多いです。

社会人でしたらそれ以外でも出会いは多いですが、高校生だとそれ以外の出会いはかなり厳しいです。

 

そこで、多くの利用者のいるマッチングアプリを使えないかと思う高校生も多いと思います。

しかし、残念ながらマッチングアプリは年齢確認も厳格で、高校生は利用不可というマッチングアプリが多いです。

 

それでも、高校生でも利用できるマッチングアプリがいくつかあります。

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは大手のマッチングアプリです。

運営元はゼクシィで、結婚情報誌の最大手です。

ゼクシィの大元はリクルートですので、これも大企業です。

つまり、信頼性としてはかなり高いです。

 

このゼクシィが運営しているゼクシィ縁結びですが、高校生でも利用可能です。

ただし、18歳以上という条件付きです。

 

18歳以上でも高校生は利用不可としているマッチングアプリが多い中、ゼクシィ縁結びは高校生でも18歳以上であれば使える数少ないマッチングアプリです。

 

ゼクシィ縁結びは真面目に恋活、婚活をしている人が多いので遊び目的の出会いを求めている人は少ないです。

中には業者が紛れていますが、運営が監視して業者はすぐに排除されています。

 

安全性という意味でも、ゼクシィ縁結びは信頼できるマッチングアプリですので高校生でマッチングアプリを利用するならおすすめのマッチングアプリです。

 

【ゼクシィ縁結びの評判】口コミとマッチングアプリの料金とサクラ

 

マッチドットコム

マッチドットコムも18歳以上であれば高校生でも利用できるマッチングアプリです。

 

マッチドットコムは、元々海外のマッチングアプリで世界での利用者が最大です。

その為、仕様も海外志向のあるアプリになっています。

 

まず、普通のマッチングアプリでは男性は女性しか検索できず、女性は男性しか検索できません。

マッチドットコムでは、同性同士の出会いも可能な仕様になっています。

 

また、位置情報で検索もできますので近くに住んでいる人を絞って探すことも可能です。

住所が特定されることはなく、半径何キロ以内という検索ですので安心です。

 

【マッチドットコムの評判】口コミとマッチングアプリの料金と要注意人物

 

18歳未満の高校生が使えるマッチングアプリはない

ゼクシィ縁結びもマッチドットコムも高校生でも利用できますが、条件は18歳以上です。

では、18歳未満の高校生が利用できるマッチングアプリはあるのでしょうか?

 

高校生はマッチングアプリを使える?出会い方のおすすめと注意点

 

残念ながら、18歳未満の高校生が使えるマッチングアプリは現状ありません。

そして今後も増える可能性は低いでしょう。

 

高校生となるとトラブルに巻き込まれる可能性も高く、また自己責任ということも難しいです。

さらに運営側としてももっとも真剣に活動してお金を払ってくれるのは婚活目的のユーザーです。

その為、お金も少なくトラブルになる可能性も高く、真剣に結婚相手を探している可能性も低い高校生を狙ったマッチングアプリを作るメリットがあまりありません。

 

その為、18歳未満の高校生はアプリ以外で出会いを探すことが必要です。

高校を卒業したら、ほぼ全てのマッチングアプリが利用できますのでそれまで待つのも1つの方法です。

 

高校を卒業したら使えるマッチングアプリのおすすめ

【マッチングアプリ比較】20代・30代・40代に!婚活女性におすすめの無料アプリ

 

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】ひま部の学生限定トークコミュニティ

高校生ではマッチングアプリが使えません。

しかし、マッチングアプリを使いたい高校生は大勢います。

 

そのような需要の中で誕生したのが、「ひま部」というアプリです。

ひま部は実質的に高校生が使えるマッチングアプリのような感じで、出会いを求める高校生が多く利用していました。

 

ひま部は2019年にサービス終了

ひま部は多くの高校生が利用していましたが、様々な理由から2019年12月に閉鎖となりました。

利用者が多い中での閉鎖でしたので、「ひま部を再開して」という声も多くあったようです。

 

ひま部が終了した理由は、担当はマネタイズの問題が一番と説明しています。

実際には安全性の問題では?との声もありますが、どうやらマネタイズの問題が一番だったようです。

 

人気があったけど閉鎖してしまったひま部でしたが、再開を希望する声も多くその後違う形で復活することになりました。

 

ひま部が進化して復活したYay!(イェイ)

ひま部の後継として、2020年1月にYay!(イェイ)が登場しました。

実はひま部が閉鎖する時点でこのYay!(イェイ)の実装は決まっていたらしいですが、大人の事情で公開できなかったようです。

 

Yay!(イェイ)でもひま部に近いことが出来ますが、より安全性に配慮した仕組みになっています。(じゃあやっぱりひま部が閉鎖したのは安全性の理由では…?)

 

Yay!(イェイ)はユーザー300万人、その8割が24歳未満という若い人向けのSNSです。

学生限定ということではありませんし、30代や40代がいない訳ではありません。

 

しかし、いわゆるパパ活の温床にならないように年の離れたユーザーとはやり取りがしにくいアルゴリズムになっています。

 

ユーザーの投稿を時系列で見られる「タイムライン」

1対1やグループで通話ができる「グループ通話」

文字や画像を送信できる「チャット」

趣味の仲間で集まる「サークル」

メッセージ機能の「レター」

 

これが主なコンテンツです。

まだマッチングアプリの使えない高校生で出会いを探してアプリを使いたいなら、このYay!(イェイ)もおすすめです!

 

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】方法やステップ

彼氏が欲しい高校生がどうやって彼氏を作るのか?

彼氏を作る方法やステップを紹介します。

 

彼氏ができない原因を知る

まずは彼氏ができない理由は何なのかを知るのが最初のステップです。

 

・出会いがない

・恋愛対象として見てもらえる見た目

・男性と話すのに慣れる

 

このあたりが大体彼氏ができない原因です。

 

まずは出会いがないと彼氏の作りようもありません。

高校生だと学校で出会いがないと結構大変です。

 

バイト先や塾、予備校などの出会いもあれば彼氏候補はたくさん出て来ます。

 

また、見た目も大事です。

整形しましょうという話ではないですが、すごい太っていたり髪型や服装にあまり気を使わないと男性からすると「この子恋愛する気ないのかな?」と思われてしまいます。

 

髪型や服装はネットで調べるだけでかなりの情報が無料で手に入りますので、まずは必要最低限の外見も整えましょう。

 

そして男性に慣れることも大切です。

2人きりになったら何を話せばいいのか分からずあわあわでは、その先に進むのも大変です。

 

特に恋愛対象ではない相手でも、色々話をしてみて慣れるのも大切です。

 

出会いを探す

出会いがないのは、高校生に限らずどんな年齢でも彼氏彼女ができない理由で一番多いです。

 

学生なら学校、社会人なら職場で出会いがなければ自分から何か出会いを求めて行動をしないと恋人を作るのは大変です。

 

では彼氏がいる高校生はどうやって出会って彼氏を作っているのでしょうか?

 

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】出会い

彼氏を作った高校生はどこで出会ったのでしょうか?

 

出会いに繋がるのはこんなところです。

 

・学校

・アルバイト

・塾、予備校

・SNS

・同窓会

・文化祭

 

学校で出会う

一番多い出会いはやはり学校です。

高校生だと行動範囲はあまり広くはないので、一番いる時間の長い学校で出会うのが多いのは当然です。

 

同じ年齢や先輩後輩でも1つか2つしか離れていないので、価値観も合いやすいです。

家も近いので比較的会いやすいということもあり、仲が良くなりやすいし付き合いやすいのでそういった意味でも学校で出会えるのが最も簡単に彼氏を作る方法です。

 

とは言え、学校で付き合えばほぼ間違いなく周りにバレます。

そして、振られたという話も周りに広まりやすいのでそういったリスクがあるのも学校での出会い、付き合いです。

 

アルバイトで出会う

学校以外での出会いだと、アルバイト先での出会いが多いです。

アルバイトであれば、人間関係がこじれたら辞めれば済みますので、学校で付き合うよりもリスクは低いです。

 

アルバイト先でも、家が近い可能性が高いので付き合いやすく、一緒にいる時間もある程度長くなりますので仲良くなりやすいです。

 

アルバイト先だと高校生からしたら年上の人とも出会いやすいので、学校よりも付き合う相手の幅は広がります。

 

出会い目的半分、お小遣い稼ぎ目的半分くらいでバイトを始める人もいると思いますので、彼氏が欲しいからアルバイトを始めるというのもアリです。

短期バイトで色々な人と出会うのも1つの方法です。

 

SNSで出会う

インスタなどのSNSで出会うという高校生も増えています。

学校やアルバイト先と比較すると、トラブルに巻き込まれるリスクは増えますので注意は必要です。

 

顔出しで投稿していれば、相手からDMが来て仲良くなるということもあり得ます。

TwitterやFacebookでも可能ですが、Twitterの方がインスタよりも民度が低いというかガラが悪い比率が高いです。

 

Facebookに関しては今は年齢層がかなり上がっているので、高校生同士で出会うのはかなり難しいと思います。

 

【彼氏ほしい 高校生 アプリ】まとめ

彼氏が欲しい高校生がアプリで出会う方法を紹介しました。

高校生でも利用できるマッチングアプリはゼクシィ縁結びやマッチドットコムなどかなり限られています。

 

そして、使えても満18歳以上なので多くの高校生は利用できません。

 

高校生で彼氏を作るには、学校かアルバイト、塾や予備校で出会うのが現実的でしょう。それ以外はひま部(現在はYay!イェイ)やSNSを使うことで出会うのも可能ですが、ある程度のリスクはありますのでネットリテラシーが高い人でないと難しいかもしれません。

 

まずは学校内で出会えるチャンスを広げ、それでも難しければアルバイトを始めるなどの方法が現実的に彼氏を作る方法だと思います。

 

高校を卒業したら、マッチングアプリを活用して一気に出会いのチャンスを広げることが出来ます。

【マッチングアプリ比較】20代・30代・40代に!婚活女性におすすめの無料アプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました